美容婦人科・婦人科形成

当院の特徴
婦人科形成の悩みを持っている方が意外に多いことには驚かされます。どんな親しい人にも言えずに長い間一人で悩んでしまうようです。患者様のデリケートなお悩みをじっくりとお伺いして、丁寧な診察、アフターフォローもすべて同じ医師が診療を行っておりますので、どんなことでもお気軽にご相談下さい。麻酔の専門でもある医師が、痛みにも最大限配慮して最適な手術方法を適正費用で提供しています。費用は、窓口でのお支払いがホームページに記載されている料金と同じですので、安心してご来院下さい。
小陰唇縮小術

小陰唇肥大
小陰唇肥大といっても、左右の大きさが違う形がいびつ小陰唇が大きくはみだしている下着やズボンを穿いたときに擦れる自転車に乗ると痛いパートナーに指摘されてショック、など自分で気にはなっても、どの程度が正常なのかよくわからないという方がほとんどだと思います。

治療方法
小陰唇縮小術は、膣に影響を与えずに大きさ・形をきれいに整えていきます。大きすぎる小陰唇余分な部分を切除し、糸で 縫い縮めることにより目立たなくします。 小陰唇肥大の場合は、左右の大きい場合が多いので、小さい方に合わせるようにすると自然な感じになりますが、両方切除して全体を小さくすることも可能です。小陰唇の大きさや長さは、丁寧なカウンセリングを行って希望のサイズにすることができます。手術時間は30分程度で、傷跡も1ヶ月程度でほとんどわからなくなる人が多いようです。
クリトリス包茎手術を単独で行う場合もありますが、小陰唇はクリトリス包皮とつながっているため、小陰唇肥大があるとクリトリス包茎も合併していることが多いので、クリトリス包茎の手術とあわせて行うことも可能です
クリトリス包茎

クリトリス包茎とは
クリトリスの外側には包皮と呼ばれる皮膚があり、クリトリスは包皮に覆われています。普段からこの包皮からクリトリスが1/2~1/3程度露出している人や、性的興奮でクリトリスが勃起したときに包皮が剥ける人が多いのです。クリトリス包茎とは、通常よりたくさんの包皮に覆われていて、刺激などがあった場合でも、常時クリトリスが露出しない状態のことをいいます。
クリトリス包茎があるとクリトリスと包皮の間に汚れが溜まりやすく、細菌感染の原因になったり、臭いの原因になることもあります。感度が弱ってしまうこともあります。

クリトリス包茎の治療方法
クリトリス包茎の治療は、覆いかぶさっている余分なクリトリス包皮を部分的に切除して、クリトリスを適度(1/2~1/3見える程度)に露出させる施術ですが、完全に露出させることも可能です。適度に包皮を除去することにより、女性器を清潔な状態に保つことができ、感度も向上します。
皮膚を切除しすぎてしまうと、痛みで歩けなくなったり、性交時の感度が落ちてしまうこともありますので、切除範囲はとても重要です。クリトリス包茎手術を単独で行う場合もありますが、小陰唇縮小術と一緒に行うことも多いです。

副皮切除

副皮(ふくひは、小陰唇と大陰唇の間にあるヒダ状の皮膚のことをいいます。副皮という名称は、いわゆる俗称であり解剖学的な正式名称ではないため、小陰唇と区別がつかない方も多いようです。副皮は全く無い方や2重にある方、片方だけある方など、個人差が大きいことが特徴です。副皮は個人差が大きいので、どのような形であっても異常というわけではありません。そのため、必ず手術が必要というわけではありませんが、ヒダの間には汚れや垢がたまりやすいため、ニオイ炎症の原因になる、左右のバランスが悪いので見た目が悪いと感じ、コンプレックスになっていることが多いようです。

副皮の治療方法
副皮切除術は、余分なヒダを切除して、ニオイ、炎症、コンプレックスなどの女性特有の悩みを解消するために女性器の形を整える手術です。副皮には個人差が大きいため、手術前には大きさや形など、患者様のご希望をしっかりと確認します。副皮切除は、小陰唇縮小と同時に行うとより効果的です。

膣縮小術

膣の緩みとは
膣のゆるみは、加齢による骨盤底筋群という膣や肛門周りの筋力の低下や、出産により膣の筋肉が延ばされるなど産後の膣のゆるみが生じてしまいます。
膣が緩むと、入浴後の水漏れ、ニオイや色のついたオリモノが出るなど細菌性膣症の発症につながることもあります。
一度緩んで締まった膣は、筋力トレーニングやエクササイズでは、なかなか改善することができません。

膣の緩みの治療方法
膣の粘膜や筋肉を縫い縮めることによって、膣トレーニングなどでなかなか改善できなかった症状も1度の手術で引き締まった膣を取り戻せます。

費用(消費税別)各種カード・医療ローン取り扱いあり

小陰唇縮小 抜糸あり 片側  10,0000円 両側 15,0000円
小陰唇縮小 抜糸なし 片側  15,0000円 両側 23,0000円
小陰唇縮小+クリトリス包茎 抜糸あり 片側  15,0000円 両側 20,0000円
小陰唇縮小+クリトリス包茎 抜糸なし 片側  20,0000円 両側 28,0000円
小陰唇縮小+副皮切除 抜糸あり 片側  15,0000円 両側 20,0000円
小陰唇縮小+副皮切除 抜糸なし 片側  20,0000円 両側 28,0000円
クリトリス包茎 抜糸なし 15,0000円
副皮切除 抜糸なし 20,0000円
膣縮小術 35,0000円
初診料 3,000円 再診料 1,000円
麻酔代 30,000円

 よくある質問
Q1.通院の必要はありますか?
基本的にとける糸を使って縫合した場合は通院の必要はありませんが、それ以外は1週間後に抜糸の必要があります。万が一出血して血腫などの合併症が起きた場合は 追加通院が必要になる場合もあります。

Q2.術後の痛みについて教えてください
下着にすれるとじんじんする痛みがある場合がありますが、3日程度で慣れてきます。
痛い場合は鎮痛剤の内服で対応可能です

Q3.抜糸は必要ですか?
とける糸を使って縫合した場合は抜糸は不要ですが、それ以外は1~2週間後に抜糸します。

Q4.日常生活での制限はありますか?
1ヶ月くらいは性交渉は控えてください。

関連記事

  1. タトゥー(入れ墨)除去

  2. ホクロ・イボ 3000円 / 1mm  税別

  3. 男性泌尿器形成 包茎など

  4. 切らないたるみ取り 最新ハイフ リフテラV フォトフェイシャ…

  5. 目元 二重切開法・脱脂(脂肪取り)

  6. 目元 二重まぶた

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

PAGE TOP