心療内科 精神科 症状から探す

体がだるい、やる気が出ない

やる気が出ない、だるいは体ではなく心の病かもしれません

体がだるい、やる気が出ない、と訴える症状を意欲低下と言います。
長時間の運動や仕事を続けると、疲れが出るのは当然で、休息や睡眠を十分にとれば疲労は回復するのが通常ですが、十分な休息をとっても疲労が回復せず体のだるさや倦怠感が長引くときは、何らかの病気があることも考えられます。
こころの病気の中には身体症状を伴うものがあり、意欲低下を生じる代表的な病気はうつ病ですが、他にも、統合失調症や適応障害、不安障害、身体表現性障害などの病気が考えられます。
休んでも体がだるい、やる気が出ないなどの意欲低下が続く場合は、うつ病などの心の病気の場合があるので、早に受診することが大切です。

PAGE TOP