ムリなく自然に痩せるメディカルダイエット GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)注射

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)でなぜ痩せられるの?

GLP-1は小腸から分泌されるホルモンで、インスリンの分泌を促し、血糖値を下げる効果があります。
脳細胞のGLP-1受容体に作用する効果もあるため、満腹感を高めて空腹感を低下させるため、食欲が抑制されて無理なく体重が減少します。

お薬(GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)の安全性
GLP-1は、アメリカ・ヨーロッパでは、肥満治療薬として承認されています。
日本では2型糖尿病として保険適応のあるビクトーザ ( 輸入ダイエット薬と同じ成分です ) 使用します。肥満治療には承認がないため、自由診療となります。

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)の特徴

● 自然に食欲が落ちる
脳に作用して食欲が抑えられるのでカロリー摂取が自然に少なくなる
● 満腹感が持続する
消化管に作用して胃の内容物排出を緩やかにするので満腹感が持続する
● ストレスが少ない
食欲を我慢する必要がなくなる、運動が苦手な人も痩せやすいのでストレスを感じにくい

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)それぞれの特徴

輸入ダイエット薬(毎日タイプ) ビクトーザ(毎日タイプ) オゼンピック(週1タイプ)
1日1回投与 1日1回投与 週1回投与
日によって微調整が可能で使いやすいので初めての方におススメ

食欲や予定に合わせて容量調整が可能

日によって微調整が可能で使いやすいので初めての方におススメ

食欲や予定に合わせて容量調整が可能

週1回でよいので注射が苦手な方にオススメ

注射を失敗すると1本ムダになってしまう

1日0.6mgから開始して、1週間毎に0.6mgずつ増量し、最大3.0mgまで増やして維持することが可能ですが、0.6mgで維持できる方は増量しない。 1日0.3mgから開始して、1週間毎に0.3mgずつ増量し、1日0.3mgから開始して、1週間毎に0.3mgずつ増量し、0.6mgで維持できる方は増量しない。 1回0.25mgから開始して、0.25mgを4週間継続後0.5mgに増量する。0.5mgで維持できる方は増量しない。

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)の料金 (1本に針28本付き)(税別)

輸入ダイエット薬 18mg (毎日タイプ) ビクトーザ 18mg (毎日タイプ)輸入ダイエット薬と同一成分 オゼンピック(週1タイプ)
1本  30,000円 0.6mgで1か月分 1本  30,000円    0.6mgで1か月分 1本  0.5mg 8,000円 1週間分
3本 85,500円  (1本 28,500円 ) 3本 85,500円  (1本 28,500円 ) 1本  1.0mg 16,000円 1週間分
5本 135,000円  (1本 27,000円 ) 5本 135,000円  (1本 27,000円 )
8本以上 1本 25,000円 8本以上 1本 25,000円

※ 初診料3000円、再診料1000円
症例1.輸入ダイエット薬注射ダイエット 通常料金 25,000円/1月 (税別) 下記症例の場合
本当に不思議なくらい食欲が落ちたそうです。食欲もあるし、おいしく食事ができるのに自然と量が減ったそうです。何よりがまんが必要ないことが良かったとのことです。
ダイエット前       2週間後      1か月後

ダイエット前           2週間後           1か月後
 
    

公式ラインアカウントを始めました。

登録でお得なサービスを配信 ♪

https://lin.ee/3wtlXSQ

友だち追加

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)についてのQ&A

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)治療を受けられない方はいますか ?
・20歳未満の方
・妊娠やその可能性がある方・授乳中の方
・他のGLP-1受容体作動薬やインスリン使用中、Ⅰ型糖尿病、重度の胃腸障害の方
・腹部手術の既往または腸閉塞の既往・膵炎の既往のある方
・激しい運動やアルコール多飲、栄養不足など低血糖を起こす恐れがある場合
・その他、重病治療中、1か月以内に手術をした方、手術の予定がある方など医師が不適切と判断した場合

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)治療に副作用はありますか ?
・嘔気、食欲不振、便秘、下痢、倦怠感などがあります。通常約8週間以内に治まることが多いですが、副作用が強い場合はご相談下さい。
・自己注射による皮下出血、痛みなど
・重大な副作用として低血糖、膵炎、腸閉塞などがあります。症状(脱力感、冷汗、動悸、めまい、激しい腹痛、腹部膨満など)が現れた場合には投与を中止し、医療機関を受診して下さい。

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)治療方法を教えて下さい。
●輸入ダイエット薬
・輸入ダイエット薬は1日1回、同じ時間(食前・食後は問わず)に投与してください。1日1回0.6mgから開始し、1週間以上の間隔で0.6mgずつ増量し、1日1.2mgで効果不十分な場合には、最高1.8mgまで増量できます。維持用量は個人差がありますのでさらに増量したい場合は診察時に医師にご相談ください。増量時に嘔気が続くようなら元の量に戻して下さい。
ビクトーザ
ビクトーザは1日1回、同じ時間(食前・食後は問わず)に投与してください。1日1回0.3mgから開始し、1週間以上の間隔で0.3mgずつ増量し、1日0.9mgで効果不十分な場合には、最高1.8mgまで増量できます。増量時に嘔気が続くようなら元の量に戻して下さい。
オゼンピック
オゼンピックは週1回0.5mgを維持用量とし、皮下注射する。ただし、週1回0.25mgから開始し、4週間投与した後、週1回0.5mgに増量する。週1回0.5mgを4週間以上投与しても効果不十分な場合には、週1回1.0mgまで増量することができます。増量時に嘔気が続くようなら元の量に戻して下さい。

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)治療の共通の治療方法について教えて下さい。
GLP-1ダイエット・ビクトーザを決まった時間に打ち忘れた場合は、投与するべき時間から12時間未満の場合は、気づいたときにすぐに注射します。
12時間以上過ぎている場合は、1回スキップして次の予定時間に1回分のみを注射します。
ただし、2~3日以上投与しなかった場合は、再び0.6mgから開始して下さい。高用量で再開すると嘔気などの副作用が出る可能性があります。
・治療期間は個々の患者さんで異なりますので診察の際にご相談下さい。
・皮下注射は消毒後、腹部(または大腿、上腕)に前回の注射部位より2,3cmずらして行って下さい。

GLP-1ダイエット(ビクトーザ・オゼンピック)治療のその他注意点など
・必ず指導時の用法、用量を守って下さい。
・治療開始後2週間くらいで効果を感じ始めることが多いですが、効果を判定するには3か月以上は継続が必要な場合が多いです。
・使用開始後はキャップ等により遮光して室温(1~30℃以下)で保管し(冷蔵庫で保管しても問題ありません)、30日以内に使用してください。(未使用の場合は冷蔵庫で凍結させないように保管して下さい)
・使用後の注射針は医療廃棄物となります。廃棄ボックスに保管してクリニックに郵送して下さい(送料はご負担下さい)。
・体調不良時や食事がとれない状態で使用しないで下さい。
・カートリッジ内の薬液が濁っている場合は、血液の混入が疑われます。そのまま使用を続けると薬液の汚染につながりますので、新しいものに交換してください。

関連記事

  1. 医療レーザー脱毛 VIO脱毛・子ども脱毛(Kid’…

  2. 男性泌尿器形成 包茎など

  3. 美容婦人科・婦人科形成

  4. シワ 涙袋 唇 アゴ ヒアルロン酸注入

  5. 目元 二重切開法・脱脂(脂肪取り)

  6. タトゥー(入れ墨)除去

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

PAGE TOP