美容点滴の成分の効果を詳しく教えます

グルタチオン JMスマイルクリニックオリジナル白玉点滴の主成分です

グルタチオンとは

グルタチオンとは、肝臓などで作られるグルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が連なったペプチド(化合物)で、動物や植物、微生物の細胞内に存在していて、生命を維持するために欠かせない成分です。グルタチオンの生理的機能はたくさんありますが、カラダでの主な作用は2つあり、ひとつは細胞内の抗酸化成分環境を維持すること、もうひとつは、様々な毒物・薬物・伝達物質等を細胞外に排出することです。簡単にいうと、抗酸化作用とデトックス作用(解毒作用)があるということです。強力な抗酸化作用は簡単にいうと、人間の身体を錆びつきから守ってくれる作用です。解毒作用は、知らないうちに食事と一緒に取っている有害物質を体外に排出させて健康を維持することです。また、免疫システムにおいても重要な役割を担っていて、アレルギーや喘息などを抑える効果もあります。しかし、一般に20代をピークに加齢にともなって肝臓でグルタチオンを合成する能力が衰えてきます。そのため体内のグルタチオンのレベルを一定に保つために、グルタチオンを食品から摂取する必要があります。
グルタチオンが豊富な野菜には、ブロッコリーやカリフラワー、アスパラガスなどがあります。ブロッコリーの新芽や、アスパラガスの穂先はスプラウトと言いますが、ここには多くのグルタチオンが含まれています。アスパラガスは急速に成長するため、穂先を紫外線から守るためにアミノ酸をグルタチオンに変えて蓄えているのです。
食品からグルタチオンを摂取することは大切ですが、グルタチオン摂取を補うのが点滴療法です。

グルタチオンの働きー抗酸化力

JMスマイルクリニック・美容点滴高濃度ビタミンC療法の治療効果・副作用などについてで説明したように、人の体に備わっている「酸化」「抗酸化」のバランスが崩れて、「酸化」が「抗酸化」防御機構を上回るとカラダによくない「酸化ストレス」状態になり、老化が進んだり、がんなどの病気にかかりやすくなります。過剰な酸化(「酸化ストレス」)を防ぐために、体内のグルタチオンがすかさず過剰な活性酸素を除去して、グルタチオンペルオキシダーゼという酵素と協力して、細胞膜を保護してヒトのカラダを守っています(「抗酸化」)。他に、一般的に良く知られた抗酸化物質としてはビタミンC、ビタミンEなどがあり、グルタチオンもそうした抗酸化物質のひとつです。

グルタチオンの働きーデトックス作用(解毒作用)

食事と一緒に気づかないうちに摂取してしまう食品添加物や水銀、鉛、カドミウム、ヒ素などの有害物質を体外へ排出することによって、健康維持をするのが「解毒・デトックス」です。体内に知らずに取り込まれた有害物質は肝臓に運ばれ、システイン、グルタミン酸、グリシンといった3つのアミノ酸が手をつないでできたグルタチオンサークルの中に閉じ込められ、「グルタチオン抱合」という状態になります。その後、毒物によってグルタミン酸とグリシンが切り離され、残ったシステインと毒物がメルカプツール酸となって尿中へ排泄されます。
グルタチオンは全身のほとんどの細胞に存在していますが、特に肝臓に多く存在して解毒という大役を果たしていますから、解毒代謝の流れを活発にするためにも、肝臓のグルタチオン濃度を下げないようにすることが重要です。肝臓の解毒作用の中心となっているのがグルタチオンですから、グルタチオンは体内で実に重要な役割を担っているデトックス成分といえます。

グルタチオンの働きー美白作用

太陽の日差しを長く浴びていると、日焼けをしますね。これは、紫外線の刺激によって皮膚の中に「メラニン」という黒い色素が作られるためです。紫外線の刺激を受けると、皮膚に大量の活性酸素が発生し、表皮の最も深い部分にあるメラノサイトと呼ばれる細胞でメラニンが産生されるとともに、表皮の新陳代謝が衰えてメラニンの一部がそのまま沈着してしまいます。これが「シミ」です。メラニンが産生される時には、チロシナーゼという酵素が作用しますが、グルタチオンはこの酵素の活性を阻害する作用があるとされているため、「メラニンの沈着」を抑える働きがあります。グルタチオンの強力な「美白作用」は、このメラニン沈着を抑え込む作用によります。

グルタチオンの働きー肝機能アップ作用

アルコールが代謝される過程で、活性酸素や有害物質「アセトアルデヒド」が発生します。このアセトアルデヒドの除去にグルタチオンが動員されると、肝臓中のグルタチオンの量が減るので、お酒をたくさん飲む人は、活性酸素や有害物質によって「肝機能障害」を起こしやすくなります。このため、お酒を飲む前や飲んだ後にもグルタチオンを摂取することによって、「肝機能を保護」することができます。実際に、お酒を飲んだ後の呼気のアルコール濃度が、グルタチオン摂取でどのように変化するかを調べた研究があります。グルタチオンを摂取した人は、呼気中のアルコール濃度の低下が早く、眠気、頭痛、胃のむかつき、むくみ、紅潮、ふらつきなど二日酔いの症状も軽減されたとの結果が示されています。

ビタミンB群

関連記事

  1. 高濃度ビタミンC点滴療法の治療効果・副作用などについて

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

PAGE TOP